令和6年度(2024年度)国内クリエイター創作支援プログラム/発表支援プログラム アドバイザーのご紹介

令和6年度(2024年度)国内クリエイター創作支援プログラム/発表支援プログラムのアドバイザーをご紹介します。
 
【① 国内クリエイター創作支援プログラム】
・石橋 素(エンジニア/アーティスト/ライゾマティクス)
・さやわか(批評家/マンガ原作者)
・高嶺 格(美術作家/多摩美術大学彫刻学科教授)
・戸村 朝子(ソニーグループ株式会社技術戦略部コンテンツ技術&アライアンスグループ統括部長)
・西川 美穂子(東京都現代美術館学芸員)
・原 久子(大阪電気通信大学総合情報学部教授)
・森田 菜絵(企画・プロデューサー)
・モンノカヅエ(映像作家)
・米光 一成(ゲーム作家)
・若見 ありさ(アニメーション作家/東京造形大学准教授)

【② 国内クリエイター発表支援プログラム】
・岡部 美紀(独立行政法人国立美術館国立アートリサーチセンター国際発信・連携グループリーダー)
・金築 浩史(展覧会エンジニア)
・沓名 健一(アニメーター/アニメーション監督/アニメーション研究家)
・土佐 信道(明和電機代表取締役社長)
・森山 朋絵(メディア芸術キュレーター/東京都現代美術館学芸員)

(敬称略・五十音順)

令和6年度(2024年度) 国内クリエイター創作支援プログラム/発表支援プログラムの募集についてはこちらをご確認ください。